弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター認定

当院で圧迫療法指導を行うフタッフ全員が日本静脈学会認定資格である弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター認定に合格しました。本資格は弾性着衣の種類やサイズの選択、着用指導、着用後の不満や問題点のなどの相談を引き受け、正しい着用を継続できるよう指導を行うための認定資格です。

弾性ストッキングなどの弾性着衣や弾性包帯は、下肢静脈瘤の治療、慢性静脈不全による静脈性潰瘍、深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症の治療と予防およびリンパ浮腫の治療に幅広く使用されています。弾性ストッキングの着用に際しては、合併症なく十分な効果を得るために正しい適応、弾性着衣や弾性包帯の圧迫圧・タイプ・サイズの適切な選択、着用時および着用後の注意深い観察などが重要です。これから圧迫療法が必要になる方以外にも、現在着圧ストッキングを使用中で「効果がない」「上手く履けない」「食い込んで痛い」などのトラブルがある方などもお気軽に当院スタッフまでご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です